So-net無料ブログ作成

我が子の障害の受容 [発達障害]

自分の子どもに障害があると知った親は、それを受け入れていく必要があります。
自閉症児の父親としては第一人者といえるそらパパさんの著書に、そのプロセスが「受容の6段階」としてまとめてありますので、引用させていただきます。

<<段階0:ピリオド・ゼロ>>
 子どもの障害(の可能性)を知り、強いショックを受ける瞬間。

<<段階1:否認>>
 自分の子どもに障害があるはずはないと考え、「障害はない」という証拠ばかり探そうとする段階。

<<段階2:怒り>>
 なぜ自分の子どもなのか。「犯人」がいるのではないか、といった怒りを周囲や自分にぶつける段階。

<<段階3:取引>>
 障害を「治そう」と手を尽くし、何かにすがりつきたいと考える段階。

<<段階4:抑うつ>>
 障害を「治す」ことはできないと悟るが、障害を受け入れることもできず、気分が落ち込んで何も手に付かなくなる段階。

<<段階5:受容>>
 子どもの障害をあるがままに受け入れ、精神的な平静が取り戻される段階。

<<段階6:充足>>
 子どもの障害に取り組む人生に積極的な意義を見出し、高い精神的充足感が得られる段階。

私にとっての「ピリオド・ゼロ」は、「あおの障害を知るまで④」に書きました。
その後は、概ね上記のプロセスに沿ってきたと思います。
特に「段階1」と「段階3」に長くとどまり、ありとあらゆることを調べてきました。
そのことについては、次回以降に書きたいと思います。


自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト―お父さんもがんばる!「そらまめ式」自閉症療育

自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト―お父さんもがんばる!「そらまめ式」自閉症療育

  • 作者: 藤居 学
  • 出版社/メーカー: ぶどう社
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます